くまもとのアグリ&フード企業の農業参入トップへ

農業参入の事例

最終更新日:

熊本県では、平成21年度から令和2年度までに232件の農業参入がありました。

 農業の新たな担い手が生まれ、雇用の創出が進んだだけでなく、新しい栽培技術への挑戦や地域ブランドの創造など、企業ノウハウを生かした特色ある取り組みがどんどん進められています。


事例1 食品関連業からの参入

  • (有)堀内製油

企業等名 (有)堀内製油
参入形態 農地所有適格法人 (株)堀内農場
参入地域 氷川町、宇城市
栽培作物 なたね、えごま
取組内容 自社商品「地あぶら」の原料の完全自社生産により食の安全を推進。
 休耕地利用による耕作放棄地解消。


事例2 食品関連業からの参入

  • ワールドファーム2
  • ワールドファーム1

企業等名 (有)ワールドファーム
参入形態 農地所有適格法人 (有)ワールドファーム熊本支店
参入地域 大津町、菊池市
栽培作物 ほうれん草、小松菜
取組内容 収穫した野菜を自社工場で冷凍加工し、6次産業化と効率的な農業を実現。
 儲かる農業を実践し、人材育成にも取り組む。


事例3 食品関連業からの参入

  • 農匠なごみ2
  • 農匠なごみ1

企業等名 (株)丸美屋
参入形態 農地所有適格法人 (株)農匠なごみ
参入地域 和水町、山鹿市、熊本市、南阿蘇村、南関町
栽培作物 大豆、麦
取組内容 国産原料を素材から育て、親会社の納豆・豆腐製造メーカー(株)丸美屋へ大豆を供給。
 施設整備を行い、増産体制の強化を図る。
 耕作放棄地の解消や規模拡大により、地域活性化にも貢献。


事例4 食品関連業からの参入

  • あさぎり・フレッシュフーズ2
  • あさぎり・フレッシュフーズ1

企業等名 (株)あさぎり・フレッシュフーズ
参入形態 農地所有適格法人 (株)あさぎり・フレッシュフーズ
参入地域 あさぎり町
栽培作物 栗
取組内容 高齢化の進む地元農家から農園を引き継いで栽培。
 6次産業化で付加価値創出し、自社ブランド確立を目指す。


事例5 建設業からの参入

  • (株)興陽建設

企業等名 (株)興陽建設
参入形態 農地所有適格法人(株)興陽農援
参入地域 錦町
栽培作物 農作業受託、飼料稲、飼料トウモロコシ
取組内容 建設業の重機運転技術を生かし、地域農家から農作業を受託。


事例6 クリーニング業からの参入

  • ホワイトファーム1
  • ホワイトファーム2

企業等名 中園化学(株)
参入形態 農地所有適格法人 (株)ホワイトファーム
参入地域 菊池市、山鹿市
栽培作物 米、ニラ
取組内容 水稲は無肥料・無農薬の自然栽培を実践。
 農福連携にも取り組み、ニラの出荷作業は選別を障がい者就労施設に委託。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2637)
熊本県農林水産部流通アグリビジネス課
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18-1
電話:096-333-2377(直通) FAX:096-383-0380

© 2021 Kumamoto Prefecture, © 2010 kumamoto pref.kumamon

このページの先頭へ